利用価値のない仮想通貨【EOS】を買う理由

 

EOSはトークン自体に使用価値がなく、決済すらできません。

 

そんなトークンEOSの時価総額が5位にランキングしているのをご存知でしょうか?今回はなぜ利用価値のないEOSがここまで取引され、時価総額5位になっているのかの理由をご紹介していきましょう。

 

 
EOS基本情報
 

 

EOSは企業の業務サポートで使われることを目的とした、分散型アプリケーションを作ることに特化した仮想通貨です。

 

使用料は無料です。そして、他のDappが作れるプラットフォームとは違い、一秒に何百万件ものトランザクションの処理を可能にしています。ビットコインは一秒に3件ほどです。

 

 

EOSは2017年6月にICOを開始し、18時間で16億を集めました。ICO期間は1年と長く2018年6月1日まで行っています。

 

 
EOSを買う理由
 

EOSは現時点でトークン自体に決済の機能がありません。そしてEOSのプラットフォーム内でも使いません。さらに2018年6月1日のICO終了後23時間以内に凍結になります。

 

なんのメリットがあってそんな仮想通貨を買うのかというと、主な理由はEOSトークンを持っていればエアドロップと同じ形で同数の新たなEOSプラットフォームのトークンを手に入れられるからです。

 

すでにIQトークンはEOSソフトウェアを利用しており、エアドロップされることが公式に発表されています。受け取り方はこちらのサイトをご覧下さい→https://steemit.com/eos/@doteyakii/everypedia-iq-eos

 

 

eosDACも2018年4月15日にエアドロップをすでに行いました。

 

主な理由は上記の通りですが、開発チームのblock.oneに経験豊富なメンバーが数多く、EOS自体の機能性が高い事も理由のひとつです。

 

 

WEISS Ratingsの評価は【B】で、仮想通貨の中で一番良い評価です。他にB評価をもらったのはEthereum(ETH)のみです。続いて【B-】はCardano(ADA)、NEO(NEO)、Steem(STEEM)です。さらにEOSの開発者ダン・ラリマーはSTEEMの開発者でもあります。優秀な開発者だということがわかります。

 

ですが、注意しなければいけないのはEOSの開発チームのblock.oneは

「私たちはEOSプラットフォームを実行することも関わることもない。現在のEOSトークンを持つことで新たにトークンを受け取れるかどうかは保証できない」

とはっきりと言っています。エアドロップによって得られるトークンはblock.oneには関係がないということになります。

 

 
EOSメインネット7月2日にローンチ
 

メインネットがローンチされると現在のEOSトークンは、イーサリアムのブロックチェーンから切り離されます。

 

EOSを保有者はそれまでにメインネットに登録をしましょう。

 

 
EOSの今後
 

EOS自体は凍結されてしまう為、これからEOSは良くも悪くも値動きが激しくなると思われます。ハードフォークなどはチキンレースのような状態になる事が多いですが、凍結は過去に例がない為どういった値動きをするかの判断は難しいですが同じような状況になるのではないでしょうか。

 

 

Tweets by EOS_io